注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

健身教练FITNESCOACH

魅力,在结实的肌肉上流露;活力,在魅伟的体格上跃动; 豪气,在刚劲的眉宇间飞扬;

 
 
 
 
 

日志

 
 
关于我

魅力,在结实的肌肉上流露,活力,在魅伟的体格上跃动。 豪气,在刚劲的眉宇间飞扬,性感,在阳刚的影像中定格。 男人,走过多少路才算是男人?男人,走过春秋,走过黄昏,我以之为荣。

网易考拉推荐

健身教练||谨防健美训练中受伤  

来自型男の达人   2011-05-28 09:04:44|  分类: 健身教练 |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
 
谨防健美训练中受伤 - 健身教练 - 健身教练BODYFITNESS
  谨防健美训练中受伤

  在健美训练中受伤是健美训练最终成功的最大障碍,我们先从受伤的原因谈起。

  健美训练中为什么会受伤

  一、认识不足。很多人对受伤的危害性认识不足,缺乏防伤观念,在训 练中不能积极采取各种预防措施。特别是一些年轻人,既缺乏训练经验,又麻痹大意,盲目或冒失地进行训练,或在训练中畏难、紧张、犹豫不决。这都是造成受伤的重要原因。

  二、准备活动不适当。统计资料表明,缺乏准备活动或准备活动不适当,是造成受伤的首要原因。

  1、不做准备活动。在神经系统和身体各器官系统没有被动员起来的情况下就进行训练,由于肌肉、韧带没有活动开,身体协调性差,固而很容易发生软组织拉伤和关节扭伤。

  2、准备活动不充分。准备活动做得不充分,神经和其它器官系统的兴奋性尚未达到适宜水平就开始训练。

  3、准备活动与训练内容脱节。训练中主要用力部位没有活动到、活动开。

  4、准备活动的量过大。身体在进入正式训练前已感疲劳,正式训练时身体机能不处于最佳状态而是有所下降。

  5、准备活动距正式训练时间过长。开始训练时准备活动引起的生理反应已减弱或消失。

  三、身体状态不佳。睡眠或休息不好,患病带伤或伤病初愈及身体疲劳时,生理功能和运动能力下降,此时参加训练很容易因肌力较弱、反应迟钝、身体协调性差而受伤。

  四、大重量训练过频。大重量常会使肌肉等组织发生轻微创伤,若大重量训练过频,韧带、肌腱得不到充分的恢复,就会发生肌腱炎,甚至发生肌腱和韧带破损,大重量训练过频还会使肌肉与骨骼力量的增长不相适应,造成骨骼变形、劳损等损伤。

  五、训练前不严格检查器械和场地。如果活动哑铃的螺丝松了,做飞鸟练习时就可能掉下来。杠铃杆太滑,手就应抹上镁粉再去抓握,否则做卧推时不慎掉下来,那可要砸死人)。

  健美训练训练场地太滑,杠铃转动不灵,器械年久失修或维护不良,器械安装不牢固或安放位置不当,器械的高度、大小与轻重不符合练习者需要,缺乏必要的防护器具(如护腕、护膝、宽皮带等),训练时服装与鞋袜不适宜等,都可能成为受伤的原因。

  六、不良气象因素的影响。气温过高,易发生中暑和疲劳;气温过低,易发生冻伤,导致肌肉僵硬,身体协调性下降;潮湿高温易大量出汗,发生肌肉痉挛或虚脱;光线不良易使人反应迟钝。这些也能成为受伤的原因。

  此外,不重视休息与恢复,忽视营养和睡眠,缺乏保护与自我保护等均可能导致受伤。

  如何预防受伤

  一、认真做好准备活动。对训练中负担较大和易受伤的部位要特别做好准备活动。准备活动结束与训练开始不要超过四分钟。间歇时间过长或改练其它部位时,应补做专项准备活动。

  二、做好放松和整理活动。训练后必须做一些伸展放松练习,以加速运动部位的恢复。例如,做完硬拉和深蹲后,可悬吊在单杠上,然后做提膝下放或直腿左右摆动等动作,以及脊往恢复原来的机能状态。

  三、大重量训练要适可而止,用大重量训练,如果没有把握,最好请人保护。不要经常借力训练。做动作时不要速度太快和突然启动。间隔时间较长再练时,要减轻重量、降低强度。

  四、加强医务监督和训练场地安全检查。常练健美者最好定期进行体格检查,参加比赛时要进行补充检查,以便及早发现隐患,采取措施。

  五、一定要注意身体的警号,疲乏、焦虑、长期有时断时续的肌肉酸胀疼痛等是身体发出的警号,若置之不理,则小伤会酿成大伤。软组织损伤一般恢复较慢,若处理不当,轻则造成慢性损伤,重则留下不同程度的功能障碍。

  六、认真总结预防伤害的经验。要认清伤害事故发生的原因,找出其发生的规律,从而更好地进行预防。
------
Beware of fitness training injuries

Injured in fitness training fitness training is the biggest obstacle to ultimate success , because we start talking about injuries .

Why would hurt fitness training

First, the lack of knowledge. Many people lack awareness of the dangers of injury , lack of injury prevention concepts, not actively take preventive measures in training. In particular, some young men , neither the training experience , and careless , blind or reckless conduct training , or due to difficulties in training, nervous, hesitant. This is an important cause of injury.

Second, prepare activities inappropriate. Statistics show that lack of preparedness activities or improper preparation activities are the primary cause of injury.

1 , no preparation activities. In the case of the nervous system and the body's organ systems have not been mobilized on training , as muscles, ligaments no activity open , poor physical coordination , solid and very prone to soft tissue strain and sprain .

2 , insufficient preparation . Has not done sufficient preparations , excitatory nerve and other organ systems has not yet reached a suitable level to start training.

3 out of touch preparations and training content . The main part of the training force no activity to activity open .

4 , ready to excessive activity . In the sense of the body before entering formal training fatigue , physical function when no formal training in the best condition but declined.

5 , Sandy formal training to prepare for too long . Physiological reaction caused when preparations began training has diminished or disappeared.

Third, poor physical condition . Sleep or rest well, Injured or sick recovering from injuries and physical fatigue , physical function and decreased exercise capacity , then it is easy to participate in the training because muscle is weak , unresponsive , poor physical coordination injured .

Fourth, the large weight training too frequent. Large weight often causes muscle tissue minor trauma , if a large weight training too frequent , ligaments, tendons are not fully recovered, it will happen tendonitis, tendon and ligament damage or even a large weight training will make the muscles too frequent growth and bone strength are incompatible , causing skeletal deformities, disorders and other damage.

Fifth, no strict inspection before training equipment and venues . Could fall if the activity dumbbell screw worked loose , do birds exercises . Barbell slippery , cast magnesium should go hand grip , otherwise doing bench press accidentally fall, then you had better stoned people ) .

Fitness training training ground slippery , barbell rotation not working , dilapidated or poorly maintained equipment , equipment is not securely installed or improper placement , height device , the size and weight do not meet the needs of practitioners , lack of necessary protective equipment ( such as nursing wrist , knee , wide belts, etc. ) , clothing and footwear during training unfit , etc., may be the cause of injuries.

Six adverse meteorological factors. Temperature is too high , prone to heat stroke and fatigue ; temperature is too low , prone to frostbite , causing muscle stiffness, decreased physical coordination ; moisture and high temperatures and easy sweating, muscle cramps or collapse occurred ; poor light easy to make unresponsive. These reasons can also become injured .

In addition, do not pay attention to rest and recovery, nutrition and sleep neglect , lack of protection and self-protection staff may result in injury.

How to prevent injuries

Seriously prepare activities. Training and ease the burden on the injured area larger prepare special activities . Preparation activities do not end with the start of training over four minutes . When prolonged or intermittent practiced in other parts , should make special preparations to do .

Second, do relax and organize activities. Must do some stretching after training relaxation exercises to accelerate recovery of motor parts . For example , after finishing deadlifts and squats can be suspended on the horizontal bar , then do mention the knee or straight leg swing around to put such action , and the ridge to restore the original functional state .

Third, the large weight training Enough is enough , with a large weight training , if you are not sure , ask people the best protection . Do not always leveraging training. When do the movements do not start too fast and sudden . When a longer interval to practice , to reduce weight , reduce the intensity .

Fourth, strengthen medical supervision and training venue security checks. The best bodybuilders often practiced regular physical examination , when you want to participate in the competition supplementary examination for early detection of problems, take measures.

Fifth, we must pay attention to the body's alarm, fatigue , anxiety, long-term intermittent muscle soreness and pain is the body warning issued , if ignored, then it will lead to major injuries minor injuries . Soft tissue injury is generally slow recovery , if not handled properly , causing chronic damage ranging , heavy leaving varying degrees of dysfunction.

Sixth, conscientiously sum up the experience of injury prevention . To recognize the harm cause of the accident , identify the law which they arise, in order to better prevention.

--
フィットネストレーニングの怪我に注意してください

フィットネストレーニングフィットネストレーニングで負傷たちが怪我について話し始めるので、最終的な成功への最大の障害である。

なぜフィットネストレーニングを傷つける

まず、知識の欠如。多くの人々が負傷の危険性への認識が不足している、傷害予防の概念がないことは、積極的に訓練に予防措置を講じていない。特に、いくつかの若い男性、トレーニングの経験もないし、神経の訓練の困難のために、不注意なブラインドや無謀な行為の訓練、あるいは、躊躇。これは損傷の重要な原因である。

第二に、不適切な活動を準備します。統計は、準備活動や不適切な準備活動の欠如は、損傷の主な原因であることを示している。

1 、ない準備活動。神経系と体の器官系の場合には訓練に動員されていないが、筋肉のように、全く活性固体と軟部組織の歪みや捻挫に非常になりやすいオープンな、体調不良の連携を、靭帯ん。

2 、準備不足。まだ、トレーニングを開始するための適切なレベルに達していない十分な製剤、興奮性神経及び他の器官系を行っていない。

タッチ製剤およびトレーニングコンテンツのうち、 3 。トレーニングの主要部分は開いているアクティビティにアクティビティを強制しない。

4 、過度の活動への準備が整いました。正式なトレーニングの疲労に入る前に、体の意味で、身体機能時に最高の状態で正式な訓練が、減少しました。

5 、あまりにも長い間準備サンディ正式なトレーニング。準備が訓練が減少または消失している始めたときの生理的反応が引き起こされる。

第三に、体調不良。筋肉が傷ついた弱い、無反応、体調不良の調整なので、スリープまたは怪我や肉体的疲労から回復傷病、よく休む、身体機能や運動能力の低下は、それは訓練に参加することは容易である。

第四に、あまりにも頻繁に大きなウエイトトレーニング。大型重量は、多くの場合、大規模なウェイトトレーニングあまりに頻繁な場合には、靭帯が、腱が完全に回復していない、それは腱炎、腱や靭帯の損傷、さらには大規模なウエイトトレーニングは、筋肉があまりにも頻繁になりますが起こるか、筋肉組織軽度の外傷の原因となる成長と骨強度は、骨格奇形、障害及びその他の損傷の原因と互換性がありません。

第五に、トレーニング機器や会場前には厳しい検査。活動ダンベルネジが緩んで働いていた場合落下する可能性がある、鳥の演習を行う。バーベル滑りやすい、キャストマグネシウムは、あなたが)よりよい投石の人々を持っていた、そうでなければ、誤って落下ベンチプレスをやって、ハンドグリップを行く必要があります。

フィッ トネストレーニングのトレーニンググラウンド滑りやすい、バーベルローテーションが機能していない、老朽化したか、不十分な維持装置、機器が安全にインス トールされていないか、不適切な配置、高さのデバイス、サイズと重量は、実務家のニーズに、このような介護を必要に応じ保護具(の欠如を満たしていないなど不向き訓練、中に手首、膝、広いベルトなど) 、衣類や履物は、けがの原因である可能性があります。

六つの有害気象要因。温度が熱中症や疲労を起こしやすい、高すぎる、温度が低すぎる、凍傷になりやすい、筋肉のこわばりを引き起こす物理的な協調の減少、水分、高温かつ簡単に発汗、筋肉のけいれんや崩壊が発生しました。応答しなく作りやすい貧困層に光を。これらの理由はまた、負傷者になることができます。

また、保護と自己保護のスタッフの不足は身体に悪影響を及ぼす可能性があり、休息と回復、栄養、睡眠怠慢に注意を払っていない。

怪我をしないようにする方法

真剣な活動を準備します。トレーニングや特別活動の準備大きな損傷部位の負担を軽減。準備活動は、 4分間にわたる訓練の開始と終わりません。長期にわたる、または断続的に、他の部分で実施する場合、特別な準備は何を確認する必要があります。

第二に、活動をリラックスして整理します。モーター部品の回復を加速させるリラクゼーションの練習を訓練した後、いくつかのストレッチを行う必要があります。仕上げdeadliftsやスクワット、水平バーに懸濁させることができる後に例えば、もしそのような行動を置くために周り膝やストレートレッグスイングし、元の機能状態を復元するために尾根に言及しない。

第三に、十分なトレーニングを大型重量が不明な場合は、人々に最高の保護を依頼し、大規模なウエイトトレーニングで、十分です。いつもトレーニングを活用しないでください。ときは動きが速すぎて、突然起動しないでください。より長い間隔が、練習する重量を減らすために、強度を低減する。

第四に、医師の指導や研修会場のセキュリティチェックを強化する。最高のボディビルダーは、多くの場合、問題の早期発見のための競争追試に参加したい場合には、措置を講じ、定期的な身体検査を練習した。

無視して第五に、我々は身体のアラーム、疲労、不安、長期的な間欠的な筋肉痛や痛みに注意を払う必要があり、本体の警告が発行され、それがマイナー、メジャー怪我けがにつながる。重い機能障害の様々な程度を残して、至る慢性損傷を引き起こす、適切に処理されない場合は、軟部組織損傷は、一般的には緩やかな回復です。

第六に、良心的外傷予防の経験を総括。事故の被害の原因を認識するために、より良い予防するためには、それらが発生法律を識別します。

-----
理念诉求 - 肖尧 - 王者の尊:::赢家讲堂
你已进入>>>型男达人因COOL不同!
生命能量场|五脏六腑子午流注 - 健美先生 - 健身教练BODYFITNESS
阳光型男::快乐出发|||运动时尚::简单从容.

警惕!偶尔健身一次好比暴饮暴食 - 型男の达人 - 达人の秀

MEN'S GYM健身房 coolnet.blog.163.com
魅力,在结实的肌肉上流露;活力,在魅伟的体格上跃动; 豪气,在刚劲的眉宇间飞扬;


猛男密码||从尿液自测身体状况 - 健身房GYM - 健身教练BODYFITNESS
MEN'S COOL达人秀 coolmale.blog.163.com
男色时代 .各花入各眼,阳光帅哥才够味。
猛男养眼 型男拉风,花样美男秀色可餐。当消费靓仔成为习惯…男人就要对自己好点!

猛男密码||从尿液自测身体状况 - 健身房GYM - 健身教练BODYFITNESS
MEN'S LOVE型男志 manzone.blog.163.com
真正的型男,就是懂得把自己的优势,以一种很man的姿态表现出来。
有型是一种生活态度;型男是一种生活方式; 不是潮男,也在走往型男的路上。

谢谢光临!达人の秀以你为荣!你的评论是最大支持。达人の秀有你才精彩!
猛男密码||从尿液自测身体状况 - 健身房GYM - 健身教练BODYFITNESS  
手机博客>>coolnet.lofter.com
免责声明:
推荐文章仅为公益交流。本文仅代表作者个人观点,与本博无关。其原创性以及文中陈述文字和内容未经证实,对本文以及其中全部或者部分内容、文字的真实性、完整性、及时性本博不作任何保证或承诺,请读者仅作参考,并请自行核实相关内容。


达人の秀 by君悦雅仕 Copyright 2009-2014 致力于COOL时尚男士阅读体验.coolnet.blog.163.com

林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客
 
林少华海边写真 - smy-2007-07 - 心海无涯的博客

  评论这张
 
阅读(1328)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017